FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

ASAP アジアの子どもたちの就学を支援する会 

カンボジアの子ども達に学校を!から始まった小さなNPO法人ASAP。 ボランティアに支えられた小さなNPO活動は山あり谷ありで進みます!カンボジアや活動の様子覗いてね!

プロフィール

カンボジア支援ASAP

Author:カンボジア支援ASAP
学校が建っても最貧困家庭の子どもは学校に行くことが出来ないカンボジア。
皆が学校に行けるように継続した支援を目標に活動をしているNPO法人「アジアの子どもたちの就学を支援する会」です

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
訪問者カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.10
23
今年10月に新規開校した、多摩川コールタメイ小学校。
授業の様子です。

今年度は1~3年生が各1クラスずつ。
来年度には新1年生が入学して4学年に。
6学年が揃うのはまだすこし先です。

先生は男性2名。
2人とも今年から先生になったばかりの新人さんですが、シェムリアップにある師範学校(先生になるための学校)を卒業しています。
教え方をしっかり学んでいるだけに、とても丁寧に、子どもたち一人ひとりに声をかけていました。
これからが楽しみですね。
IMG_2899.jpg


IMG_2905.jpg


IMG_2906.jpg
スポンサーサイト



2012.10
23
ASAPより、今年度(10月)新入学となった新1年生に、学校で必要となる文房具を寄贈しました。
お金がなく、ノートや鉛筆を持たずに学校に来る子も多いカンボジア。
まずは勉強できる環境を整えることが大切です。
ノート、鉛筆、消しゴムのセットをプレゼントしました。

↓トロク小学校の1年生。
IMG_2858.jpg

↓タットム小学校の1年生。
IMG_2866.jpg

↓まだ字が書けない子どもがほとんど。
 先生が、一人ひとりノートに名前を書いてあげています。
IMG_2870.jpg
2012.10
23
シェムリアップでも、土曜日にシアヌーク元国王追悼の大きな集会がありました。
集会が終わったあとの様子です。

↓ごみを散らかしている・・わけではなく、お坊さんに寄進するため、みんなたくさんの食料を持って集まっています。
 写真の段ボールは、寄進したインスタント麺の空き箱。
IMG_2776.jpg

↓みんな一列に並んで、お坊さんがやってくるのを待っています。
 前を通ったお坊さんに、お金や食べ物を寄進。
IMG_2782.jpg

↓すごい人出でした。
 奥のほうから、寄進する品物を持った人たちがズラーッと並んでいます。
IMG_2790.jpg

↓テレビの取材も。
IMG_2773.jpg

↓お弁当箱もこんなにたくさん並んでいます。
IMG_2809.jpg



つづいて翌日の日曜日の写真です。
この日はパレードが行われていました。
地域ごと、職種ごとというふうに、時間をずらしていくつもの団体が行進しています。
このパレードはまだ数日間行われるとのこと。
IMG_2819.jpg
IMG_2821.jpg


そして、今度は「お月様に元国王の顔が浮かんでる!」という話が広まっています。
誰かが言い始めてから、フェイスブック等を利用して急激に広まったようです。
今日は街中で、撮影された月の拡大写真を持っている人も見かけました。
ちょっと右下を向いた、シアヌークの横顔・・。
分かりますか・・?
IMG_2892.jpg

↓夜になると、大人も子どもも空を見上げています。
IMG_2895.jpg
2012.10
19
先日亡くなったシアヌーク元国王。
相変わらず多くの人が弔問に訪れています。
プノンペンはもっとすごい人出だとのこと。
IMG_2672.jpg

街には半旗が掲げられ、いろいろなお店でも従業員が喪章をつけて働いています。
フェイスブックでは、多くのカンボジア人がプロフィール写真をシアヌーク元国王の写真にしたり、喪章にしたりして哀悼の意を表しています。

村の学校にも、祭壇(?)ができていました。

↓先生に、黒いリボン(喪章)をつけてもらいます。
IMG_2694.jpg

↓休み時間、子どもたちはお線香をあげてお参りします。
IMG_2680.jpg
IMG_2681.jpg
IMG_2688.jpg
IMG_2689.jpg
2012.10
17
15日に、カンボジアの国父とも言われるシアヌーク元国王が亡くなりました。
カンボジアでは、お店や家にも国王の写真を飾るくらい王様を尊敬しています。

↓シアヌークは北京の病院で亡くなりました。
 今日プノンペンに戻ってくるとのことで、たくさんの人が集まったそうです。
 その様子をテレビで生中継していたので、シェムリでもテレビを見ている人が多かったようです。


↓道路にも、死を悼んで大きな写真が。
 その他にも、いたるところでカンボジア国旗の半旗が掲げられていました。
IMG_2653.jpg

↓シェムリアップには、王様の別荘があります。
 普段は門が閉められていますが、今は特別に庭が開放され、弔問所が設けられていました。
 夜でしたが、たくさんの人が来ています。
IMG_2655.jpg

↓記帳所。
IMG_2660.jpg

↓祭壇。
IMG_2665.jpg

↓こちらは近くにあるお寺。
 ここにもお参りしにくる人が多かったです。
IMG_2668.jpg

シアヌークはカンボジアの独立を成し遂げた人なだけに、特にその時代を生きた年配の人はショックが大きかったようです。
ご冥福をお祈りします。
2012.10
16
先日、ルムチェック村に行ったときのことです。
風邪が流行っているのか、咳をしたり熱を出している子が数人いました。
お母さんたちに聞くと、お金がないから行きたくてもあまり病院には行かないとのこと。

通常、風邪の場合は診察+薬代で2000リエル(約40円)だそうです。
ガイジンには問題ない金額だし、もうすぐお盆だし・・ということもあり、今回だけと断ったうえで、村の病院に連れて行きました。

病院は、トロク小の目の前にあります。
病院と言っても、保健所を兼ねた小さな診療所。

↓この日いたスタッフはこの人だけ。
 受付から診察、薬の調合まで行うなんでも屋さんです。
 カンボジアでも病院は注射のイメージが強いのか、病院に行くのを泣いて嫌がる子もいました。
 別に怖い先生ではないんですが、この子も椅子に座ると固まってしまい、何も言えません・・。
IMG_2493.jpg


↓病院を受診したことがある人は、みんなこれを持っています。
 保険証(保険はないですが)兼カルテのようなものでしょうか。
 表紙には名前や生年月日が、中はメモ用紙のようになっており、先生が症状や処方する薬を書いていきます。
 はみ出ているのは、薬の処方記録&領収書。
IMG_2494.jpg

↓すぐうしろに、薬ビンがたくさん置いてあります。
 その中から、症状に合った薬を出してくれます。
 錠剤がほとんどで、日本の薬の倍くらいの大きさ。
 色も毒々しいものが多いんですが・・。
IMG_2495.jpg

お会計はやっぱり1人2000リエル。
でしたが、「まあ今回はいいよ」とタダにしてくれました。
なぜでしょう・・?
2012.10
15
昨日のブログでも書きましたが、今日はお盆の中でもお寺にお参りする人が一番多い日です。
トロクの校長先生について、トロク小学校の近くにあるワット・ルンというお寺に行ってきました。

↓お寺に着くと、まず持ってきたお供え物をいくつかに分けます。
IMG_2508.jpg

↓お寺の中では、お坊さんが数か所に分かれてお経をあげてくれます。
 そこを周って、それぞれにお供え物を渡します。
IMG_2513.jpg

IMG_2529.jpg

↓みんなちまきを持ってくるので、少しの時間だけでもこんなに大量に。
IMG_2514.jpg

↓お寺の本堂。
 ここでは、持ってきたごはんをお坊さんのお弁当箱に少しずつ盛り付けていきます。
IMG_2520.jpg

↓トロク小学校の子どもたちもたくさん来ていました。
 首に巻いているのは、正装用のきれいなクロマー。
IMG_2537.jpg

↓お寺の壁画。
 悪いことすると地獄に落ちてこうなるぞ、みたいなことが描かれています。
 ちょっとアニメっぽい感じもしますが、まだまだ字が読めない人も多いカンボジアでは、こうやって分かりやすく伝えるのが一番なのかもしれません。
IMG_2535.jpg

↓近くに住んでいる人は街のように多くはないんですが、それでもこれだけの人出です。
 バイクを持っていない人たちは、トラクターに乗り合いで来ていました。
IMG_2524.jpg


↓おまけ
 いつもはにぎやかなシェムリアップのオールドマーケット。
 今日は半分以上のお店がお休みで、閑散とした感じでした。
IMG_2567.jpg

↓国民にとても人気のある、シアヌーク前国王が亡くなったとのニュースが。
 テレビでは追悼番組を放送していました。
IMG_2566.jpg
2012.10
14
カンボジアでは、ちょうど今プチュン・バンというお盆の時期。
日本と同じように、街に出てきている人たちもこの時期は田舎に戻って家族と過ごすことが多いそうです。
カンボジアでは、お盆のときは必ずお供え物を持ってお寺にお参りします。
明日15日は、お参りする人が最も多い日だとのこと。

お供え物は、お寺で暮らしているお坊さんたちのために、ちまきやお米、お菓子、飲み物といった食べ物を持っていくことが多いようです。
ルムチェック村でも、明日の準備の真っ最中でした。


↓トロクの校長先生のおうちでも、家族みんなでちまき作りをしていました。
 普段は街で働いている家族も、今日戻ってきたとのこと。
 研いだお米とバナナ、または豚肉を、バナナの葉っぱで巻いていきます。
 葉っぱのしばり方の形を変えて、中身がバナナか肉か分かるようにしていました。
IMG_2470.jpg


↓大きな鍋で約1時間ゆでます。
 お寺に持っていく分だけでなく、自分たちの食事用の分も合わせて作るので大量。
IMG_2490.jpg


↓完成!
うしろに見えるカゴの中もちまきです。
IMG_2492.jpg

 他にも3軒ほど村の家をのぞきましたが、どこもみんなちまきをグツグツと煮込んでいました。
 どこの家でも「帰って食べなさい」とおみやげに持たせてくれるんですが・・おかげで大量すぎて一人では食べきれず。
 知り合いと分けていただきました。
 味付けは甘く、おやつみたいな感じですがおいしかったですよ。
2012.10
14
所用があり、プノンペンに行ってきました。
私自身は約10年ぶりのプノンペン。
話には聞いていましたが、シェムリと比べると大都会です。
ちょっとだけ紹介しますね。


↓面白い形の、セントラルマーケット。
 後ろにはカナディア銀行本店ビルと、建設中の高層ビル。
 シェムリではアンコールワットより高い建物を建てることができませんが、プノンペンはビルがたくさん。
IMG_2431.jpg


↓首相府だそうです。
 一見すると普通のきれいな建物ですが、バイクの大きさと比べてみてください。
 門の大きさが分かりますか・・?



↓ドリアン屋台が並んでいるところ
IMG_2467.jpg


↓さほど大きな通りではないんですが、それでもバイクと車が大量です。
 道路を渡るのが怖いくらい。
IMG_2463.jpg


↓帰りのバス車内。
 何かが当たったのか、突然大きな音がして窓ガラスが割れました・・。
 それでもそのまま走り続けて、なんとかシェムリ到着。
IMG_2469.jpg
2012.10
05
カンボジアでは、長い休みが終わって10月から新学期が始まりました。
子どもたちも、毎日元気に学校に来ています。

↓休み時間。
 男の子も女の子も、鬼ごっこが大好き。
 範囲を決めたら、逃げる子はケンケン跳びで、鬼は走って追いかけます。
IMG_2394.jpg

↓女の子にはゴムとびも人気



↓新年度、席決めをしたり、
IMG_2402.jpg

↓新しい教科書も配られました。
 もらったら名前を書きます。
IMG_2403.jpg

↓タットム小では、新しく図書室が完成しました。
 カンボジアでは、一般的にはまだ本を読むという習慣がありません。
 小さいころからたくさん読んで、本を好きになってくれるといいですね。
IMG_2401.jpg



IMG_2415.jpg